高麗人参 効果

MENU

高麗人参の効果とは

ネズミを使って普通食のグループと、ゲルマニウムを多く含むにんにくを常食させたグループに分け、それぞれにがん細胞を注射したところ、普通食のグループにはガンが発生しましたが、にんにく食のグループには発生しなかったという事です。

 

ニンジンのプロスチゾールが、がん治療に役に立つのか、ゲルマニウムばかりか、プロスチゾールにも、少なくともガンの発育、進行を抑制しうる効果が期待されるという人もいます。

 

現在までは、数少ない臨床例で確認された点というと、ニンジン成分プロスチゾールの白血球を増加させる作用であり、今まで使用されてきたほとんどの抗ガン剤が副作用として白血球を減少させる事です。

ストレスの解消とは

ニンジンがストレスに強い火rだを作る働きがあることは1963年、チェコスロバキアのプラハで開かれた学会で明らかにされています。

 

ステレスになると、脳下垂体のACTH(向副腎皮質ホルモン)が分泌され、副腎はさっそくコルチコイドというホルモンの分泌を調節して、各組織に警告するのですが、血中のコルチコイドがふえますと白血球の一種である、血中の好酸球の数が減ります。

 

血中の好酸球の数が減るということは、ストレスに対して脳下垂体のホルモンACTHの作用がスムーズに副腎に届き、副腎ホルモンの分泌を高めたかどうかを知るてがかりの一つになります。

 

ペトコフ博士は、ラットをにんじん抽出液を与えたグループと、何も与えないグループに分け、それぞれ後足を70度の熱い湯に1分間つけてストレス作用を加えたのち、2時間後と4時間後の好酸球を調べました。

 

この結果、血中の好酸球の数は、にんじん抽出液を与えたラットでは、2時間後に12%減少し、4時間後に9%減少という成績が得られました。

 

何も与えなかったラットは、逆に2時間後では40%、4時間後にも45%も好酸球が増えていたという事です。

 

ニンジン抽出液が、副腎皮質から、ストレスに対するホルモンを順調に分泌させ、ストレスに対し防御体制をとらsれうことが証明された事になります。

 

金氏高麗人参